女性

理想のまぶたへの道

二重になるための整形を美容クリニックでしてもらいたいのなら、術後のダウンタイムのことも考えましょう。なお、ダウンタイムを含む二重整形のことは、カウンセリングを利用すれば専門家に詳しく説明してもらえます。

女医

理想の瞼をつくる費用

寂しい目元をはっきりさせたい方におすすめするのが二重整形です。二重整形には埋没法と、切開法があります。また、切開法は全切開と部分切開に分かれます。埋没法の方がリーズナブルですが、瞼の状態によって合う施術が異なるのでドクターに相談しましょう。

看護師

前日から準備が必要

二重整形の施術当日は前日から体調を整えておきましょう。クリニックではカウンセリングを終えた後に施術を行います。カウンセリングの内容を判断材料にしてクリニック選びをすると、安心できるクリニックが見つかります。

希望通りの目になれる

女医

バリエーションや効果

美容手術で二重まぶたにするときに知っておく必要があるのが手術のバリエーションです。一番簡単な埋没法一つとっても、クリニックごとに術式が異なり、効果や持続力や費用が違います。二重まぶたの手術の中でも格安なのが一点止め(一点法)による埋没法です。糸を入れて一箇所だけでまぶたを止めるので、手術は短時間で終わり、ダウンタイムも少ないです。手術費用は麻酔代などすべて込みで1万円〜3万円ほどです。二箇所以上で止めるのが二点止めや三点止めです。止める箇所が多くなるほど、一点止め埋没法よりも取れにくく、長持ちします。ただ、複数個所を結ぶ術式で埋没法をすると、手術費用は両目5万円以上になります。多少費用はかかっても一重まぶたに戻りたくない場合は、取れにくい埋没法を採用しているクリニックで手術を受けるのがおススメです。切開を伴う手術には、部分切開法と全切開法があります。部分切開法は1センチほどまぶたにメスを入れて二重まぶたを作る手術です。切って縫い合わせるので、埋没法よりも元に戻りにくいのがメリットです。手術費用は左右合わせて麻酔代や抜糸代込みで20万円〜25万円が目安です。全切開法は切開する範囲が広く、3センチほどメスで切開してひだを形成する、本格的な美容手術です。手術費用は一番高く、28万円以上するのが一般的です。高いクリニックの場合は35万円以上します。全切開法ならただ単に一重を二重にするだけではなく、まぶたの脂肪や皮膚のたるみを取り、美しく理想的な目元に整えることができます。生まれつき一重まぶたにコンプレックスを持っている人に、二重の美容手術がおすすめです。お化粧で目元を二重にすることはできても、根本的な解決にはなりません。しかし、埋没法や部分切開法、全切開法などの手術をしてしまえば生まれつきの悩みが解消します。まぶたが腫れぼったくて脂肪が多いと、目がしっかり開かなくなり、視界が悪くなる場合があります。そういう人には部分切開法か全切開法がおすすめです。切開を伴う手術ならまぶたに蓄積したむだな脂肪を除去してすっきりさせることができます。もともと二重だけどまぶたの脂肪が多すぎて隠れてしまっている人は、脂肪を取り除く手術をするだけでも劇的に変わります。左目と右目の大きさがよく見ると微妙に違う人は多いです。片方の目だけ一重だったり二重の幅が違ったりすると、左右の目の大きさが違ってみえて、バランスが悪くなります。美容手術なら、生まれつきの二重の幅を、希望通りの幅に修正することができます。埋没法などの手術をして左右の大きさを調整すれば、鏡を見るのが苦でなくなります。どんな人でも年を取ると肌に弾力がなくなって、顔のあちこちにシワやたるみができます。当然まぶたの皮膚も、加齢で自然にたるんできます。まぶたのたるみは見た目年齢をぐんと引き上げてしまいます。そんな気になるたるみを取ってアンチエイジングをしたい場合には全切開法が効果的です。全切開法をすれば、余っている皮膚そのものを切除できます。そうすれば自然に目元がリフトアップして見た目が若返ります。