理想の瞼をつくる費用|美しい二重を手に入れる術【クリニックで手術を受けるのがおススメ】

理想の瞼をつくる費用

女医

それぞれの施術の違い

自分の目元をもっと華やかにしたいと二重整形を考える人が多くなっています。美容整形では理想の瞳をつくる為の施術がいくつかありますが、大きく分けるとメスを使用しない埋没法と、メスを使用する切開法に分かれます。それぞれどの様な特徴があるのか違いを紹介していきましょう。まず、メスを使用しない埋没法は、はじめて美容整形を受ける方やメスを使用する施術に抵抗があるという方におすすめの施術です。切開せずに大きな瞳をつくることが出来るので、施術時間も短く、大きな傷をつくることがありません。施術は針と糸を使用して行われますが、瞼の裏から糸を通し、希望するラインに沿って数箇所留めていきます。そうすることで二重をつくることが出来ますが、瞼に厚みのある方にはあまりおすすめしません。瞼に脂肪が多く厚みがある場合、埋没法を行うと糸が緩んでしまう恐れがありません。その結果、数年後に取れてしまう可能性もゼロではないので、自分に合った施術かどうか、きちんとドクターに瞼の状態をみてもらうことが大切です。次にメスを使用する切開法ですが、この施術は切開したラインを縫い合わせることで理想の瞼をつくる方法です。切開する際に瞼に厚みがある方は脂肪を取り除きながら施術を行う為、瞼に厚みがある方にもおすすめの施術となっています。また、この切開法は切開する範囲によって全切開と部分切開に分かれます。全切開に対して部分切開は数ミリ程度切開する施術になっている為、出来るだけ傷を小さくしたいという方におすすめの施術です。そんな二重整形ですが、メスを使用しない埋没法とメスを使用する切開法では費用が異なります。まず埋没法の場合は切開法よりも費用がリーズナブルとなっており、だいたい10万円程度が相場です。中には1万円程度で施術を受けることが出来るクリニックもありますが、値段だけで判断せずにしっかりクリニックの評判などチェックした上で施術を受けることをおすすめします。切開法は埋没法よりも値段が上がり、全切開で30万円程度、部分切開で25万から30万円程度が相場です。こちらの費用もクリニックによって大きく異なるので、気になるクリニックの値段をチェックしてみましょう。自分の目元が好きになれないなど、目元の悩みを抱えている人もいるかもしれません。やはり目元は生まれつきのものですから自分で何とか出来るものではありません。メイクなどで二重をつくることも出来ますが、上手く二重をつくることが出来なかったり、毎日メイクに時間が掛ってしまったりと大変です。そんな特に施術を受けることで、メイクをしなくてもはっきりとした目元をつくることが出来るでしょう。施術を受ければ毎日のメイク時間を短縮することが出来ますし、すっぴんでも自信が持てる目元をつくることが出来るかもしれません。そんな理想的な目元をつくることが出来るクリニックはたくさんあるので、ぜひ自分に合ったクリニックを見つけましょう。近年美容整形は高い人気を誇っています。その中でも二重整形はトップクラスを誇る人気の施術です。もし自分に自信を持てずにいる場合は一度クリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。