理想のまぶたへの道|美しい二重を手に入れる術【クリニックで手術を受けるのがおススメ】

理想のまぶたへの道

女性

施術方法や術後を考える

一重から二重になりたいと願ったときは、整形手術を受けることで、早ければ今日にでも生まれ変わることができます。しかし、二重整形を受けるのなら、施術当日だけではなくダウンタイムのことも考えなければいけません。二重になるための施術はプチ整形と呼ばれていますが、糸やメスを使うため、まぶたには何かしらの影響が出ます。その影響が収まって通常通りの生活ができるようになるまでの時間をダウンタイムと呼びます。施術方法によってその長さは違いますので、きちんとドクターに聞いて、正しい過ごし方をするようにしましょう。なお、施術が終わった後のまぶたは、怪我をしている状態として考えたほうが無難です。腫れたり痛みがあったりしますので、悪化させないように、幹部に触れずに安静にしましょう。もちろん、バイキンが入る可能性があるため、目の周りにメイクをすることはおすすめできません。無理をしてしまうと、脹れや痛みが長引いて本来よりもダウンタイムの時間が延びてしまいます。また、怪我をしているときはお風呂に入るのが厳禁となっているように、二重整形を受けた場合も入浴は禁じられているので注意が必要です。入浴しても患部にお湯がかからなければ大丈夫だと感じるかもしれませんが、問題はそこではなく血行がよくなることです。そうなると、脹れもひどくなりますし、場合によっては患部からの出血まであります。選択する施術の方法によって違いますが、三日から一週間程度でダウンタイムは終了するため、その間だけは細心の注意を払いましょう。ダウンタイムのことを初めて知った方の中には、怖いと感じてしまい、二重整形を受けることを考え直そうとするかもしれません。しかし、ダウンタイムを怖がる必要はありませんので、まずは美容整形に対応するクリニックで専門家の意見を聞いてみましょう。美容クリニックには、お金を支払わずに相談できるカウンセリングが用意されているため、施術のことはもちろん、術後のこともしっかりと質問ができます。カウンセリングでは、施術方法によって変わるダウンタイムの長さや注意点を詳しく教えてくれますので、怖いという考えを拭い去ることができるでしょう。なお、埋没法や切開法などの施術方法がありますが、カウンセリングを利用すれば、どちらが自身のまぶたにあっているかドクターに確認ができます。どちらにしたいか希望はあるでしょうが、それに固執せずにドクターの意見をきちんと聞いたほうが、理想のまぶたを手に入れられる確立が高いです。また、二重整形を受けるためのカウンセリングでは、術後の印象についても教えてもらうことが可能です。もしも、その印象が気に入らなければ、希望通りに二重のラインや幅を変更してもらえます。施術をやり直せば修正もできますが、二度手間となってしまうため、納得できる形になるまでじっくりと相談しましょう。ちなみに、カウンセリングを受けるときには、しっかりと目を見てもらうために、メイクを落とさなければいけません。すっぴんで訪れるのもよいですし、薄めのメイクをしていってクリニックで落としても大丈夫です。